企業情報 Company

ご挨拶

みずほキャピタル株式会社代表取締役社長

みずほキャピタル株式会社
代表取締役社長

大町 祐輔

 いつも当社をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。当社は1983年の創業以来、投資先の上場社数が840社を超え、ベンチャーキャピタル業界トップクラスの実績を誇っています。これはひとえに、投資先の経営者および社員・ご家族の方々のご尽力や成長を支えて頂いた方々のご支援の賜物であり、厚く御礼申し上げます。

 現代社会において、テクノロジーが想像を超える速さで進化する中で、あらゆる分野でイノベーションが起こり、産業構造や人々のライフスタイルが急速に変化しています。また、国内外において、環境・エネルギー、教育や格差等の社会的課題を構造的に抱えており、先行き不透明な時代であります。

 イノベーションとは単なる技術革新ではなく、社会的課題解決を実現するための新たな価値創造であります。私たちみずほキャピタルの役割は、イノベーションにチャレンジするお客さまの夢や想いに共鳴し、投資やコンサルティングを通じて、お客さまと共に社会的課題を解決することで、より良い未来を実現していくことです。

 みずほフィナンシャルグループ創業者であり日本資本主義の父と言われる渋沢栄一が掲げた信念は「利に喩らず、義に喩る」であります。利益を追求するのではなく、社会発展という大義のために事を成すという高い志のもと、日本を代表する多種多様な企業を生み出しました。私たちは、産業構造が急速に変化する現代においても、社会発展という大義を持ち、お客さまの事業展開の戦略的パートナーとして、お客さまの成長を実現して参ります。

 どんなにテクノロジーが進化しても、最も大切なことは人と人との信頼関係であります。私たちはお客さまから信頼され選ばれ続けるベンチャーキャピタルとして、社員ひとりひとりが卓越したプロフェッショナルとして、情熱(Passion)と革新的(Something new)な心を持ち、日々新たに精進して参ります。

 当社は創業以来、資金提供だけではなく、培ってきた知見やネットワークを提供し、お客さまの企業価値向上に資する行動を心掛けてきました。これからも、お客さまの多様なニーズに真摯に向き合い、みずほフィナンシャルグループ全体で、お客さまと共に新たな価値創造に取り組む所存です。