みずほキャピタル株式会社

企業情報

トップ > 企業情報 > コーポレートガバナンス > お客さま保護等管理態勢

お客さま保護等管理態勢

基本的な考え方

みずほフィナンシャルグループは、お客さまを第一と考え、お客さまの信頼を得ることこそが、健全経営を確保し、ひいては他のステークホルダーからの信頼を得るための基盤となるとの考えに基づき、コンプライアンスはもとより、業務の適切性の確保、お客さまの利便性向上のために、お客さまの視点から当グループの業務の検証・改善を継続的に行い、グループ統一的にお客さま保護等管理に取り組んでいます。

お客さま保護等管理態勢の概要

みずほフィナンシャルグループでは、「お客さま保護等管理」を次の通り定め、グループ経営管理態勢、管理方法等を明確化し、お客さま保護等管理関連規程を各社で制定しています。

「お客さま保護等管理」とは、みずほフィナンシャルグループのお客さまの保護および利便の向上の観点から、以下の事項を達成するために必要となる管理をいいます。

  1. お客さまに対する取引または商品等の説明および情報提供(商品等説明)の適切性および十分性の確保。
  2. お客さまの相談・苦情等の対応(お客さまサービス)の適切性および十分性の確保。
  3. お客さまの情報の管理(お客さま情報管理)の適切性の確保。
  4. みずほフィナンシャルグループの業務を外部委託する場合におけるお客さま情報やお客さまへの対応の管理(外部委託管理)の適切性の確保。
  5. お客さまとの取引に係る利益相反の状況に応じた対応を実施するために必要となる管理(利益相反管理)の適切性の確保。

ページトップへ

Copyright(C) 2008 Mizuho Capital Co.,Ltd